FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県議会採択

2011.10.20 18:48|ひとりごと
福島県議会で、福島県内にある原発すべてが廃炉になることが決まったそうです。
原発を置いている市町村では財政問題・雇用問題があるようですが・・・

以下、考えのままに述べていますのでご注意くださいませ。

~訂正~
後ほど確認し直したところ、廃炉ではなく
「廃炉を求める請願が採択された」ということでした。
・・・廃炉が決まったわけではないんだ・・・。

ちょうど今、ニュースで福島の第一・第二原発10基全て廃炉になるとやっているところです。
県議会の決議が本当に実行されるのか、今後覆されることがあるのかどうかは不安ですが。
とりあえず、安心しました。やっと納得できたとも言えるかも知れません。

原発を置いている市町村では財政問題・雇用問題の面から、
諸手を挙げて喜びを示してはいないようですが。
分かりやすい原発の恩恵を受けていない福島市民としては、喜びでいっぱいです。

原発を置いているところでは、財政の3分の1が交付金であったり、
原発関連の企業に勤めている方が多いらしいのですね。
そして、万一被害があった場合は補償もされると。

ですが県内で、原発の恩恵を受けている市町村は、ほとんどないわけです。
交付金はもちろんもらっていないし(県全体としてどうなのかは知りませんが)
今回の事故で放射能を半年以上あびまくっていても、補償は一切もらっていません。
以前も同様のことを書きましたが。
国の補助も、なんもないわけです。(県が主体で、やっと除染が始まりましたが)

ちなみに。
おととい市から借りた線量計で、自宅とその付近を計測しました。
高いところは、家の裏手で毎時3.4マイクロシーベルト。
雨どいの一部では、9.9マイクロシーベルトまで測れる線量計の針が振り切れました。
(同地点1mの高さでは、そこまで高くはありませんでした)

わたしの家だけでなく、福島市はだいたいそんなところだと思います。
このように福島市では「被害が軽く」、「線量も高くはない」から、
国と県と市の除染作業はこんなにも遅いのでしょうか。
(確か都市部では、この高さだとホットスポットと呼んでいたような気がするのですが)

国としては福島の原発がなくなることには、賛成はできかねるそうですが。
反感を買うであろう事を承知で書かせていただきます。

「そんなん知るか!」

日本の30%の電力をまかなっている福島の原発をなくすのは、もちろん大変なことでしょう。
現に災害の時に、都市部でものすごい混乱が起こって、その後も節電やら何やらで大変でしたし。
けれども、夏の節電、そんなに辛いものでした?
快適な生活はできませんでしたが、わたしにとっては、今までの生活を見直す機会になりました。
(照明に関しては特にですね)
というか、電気が使えることがもう、ありがたかった。

もちろんここに書いてように、そんな簡単なことではないのでしょうけれども。
原発を置いている事のリスク、そしてそれ以上に、原発を置いていた福島の今の現状。
健康被害・風評被害、土地・農作物の汚染・・・まだまだたくさんあります。
これらが改善されない限り、少なくとも、国として現実的で実行可能な改善指標が出されない限り、
福島県の原発を稼働することはしてほしくないと思うのです。

勢いのままに、ここまで書いてしまいました・・・
誰かを不快な思いにさせてしまうような文章を書いてしまった事に関しては、申し訳なく思っております。
内容自体に関しては、あくまでわたし個人のありのままの気持ちです。

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

コメント

ご無沙汰してます、denk0さん。
ゆっくりと読ませてもらいました。

仕事の都合で宇都宮で暮らしていますが
共感できることが多かったです。

こういう気持ち、ちゃんと書きとめておくの大切ですね。
ボクは書けていませんでした。考えがまとまらず・・・。

でも、これは原発を抱える地方だけの問題じゃないって
本気になってほしい、特に首都圏の人に。東京出身だから余計に思うのです。
やっぱり他人事じゃないよ。

また何か感じる事があったら、ありのまま発信してください。
一緒に考えたいです。

-R.シュナイダーさん-

R.シュナイダーさん、お久しぶりです。
寒くなってきましたが、お元気にお過ごしでしたか?

わたしが原発関連のことを書くようになったのは
気持ちを吐き出さずにはいられなかったということはもちろんなのですが、
このもやもやとドロドロした思いは、いつか忘れてしまうと思ったからです。
いつか自分の子どもであったり、誰かに話したいと思った時に、忘れていたらいけないな、と。

どうしても自分本位に書き殴ってしまうことの多い内容なのですが、
当初考えていた以上に皆さん真剣に、そして温かい目線で読んでくださります。
本当にありがたいと思うと同時に、きっと無駄にはなっていないんだと思わされます。

誰しもが関わってくる大切な事柄でもあるので、皆さん一緒に考えていきたいですね。
真摯なコメントありがとうございました!
非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

denko*

Author:denko*
日々の出来事を
自由気ままに書いてゆきます。
------------------------
リンクはフリーです。
お気軽にコメントくださいませ^^

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。